電話・携帯・インターネットを安く快適に≪Just Plan.net≫  

 
毎月の電話料金を安くトップ
ケース別料金比較
通話料徹底比較
主な都市からの距離
3分通話料比較
市内通話
隣接〜20km
20km〜30km
30km〜60km
60km〜100km
100km〜
割引サービス一覧
電話会社を利用するには
マイライン
マイライン登録ポイント
マイライン申込状況
マイライン申込
安く電話を引く方法
2時間半無料通話する方法
 

 



 利用する電話会社をあらかじめ登録する「マイライン」(電話会社事前登録制)。サービス開始は2001年5月1日。電話会社としては、マイラインにより新たな顧客を獲得できるというメリットがある。利用者側にとっても自分に合った電話会社を選択できるというメリットがある。しかし、利用者にとって実際にはどの電話会社を選択すればいいのかは非常に難解な問題だ。料金体系が複雑すぎてどこが安いのかわからないのだ。ここでは、マイライン登録の参考にしてもらうための情報を掲載していく。

マイラインとは?

 これまでは普通にダイヤルすると、市内と同一県内の市外通話はNTT東西に、県をまたぐ市外通話はNTTコミュニケーションに繋がっていた。または、KDDIや日本テレコムなどNTT以外の電話会社を利用する場合には、電話番号のアタマに、「00XY」をつけてダイヤルしていた( あるいは外付けの機械(ACR・アダプタ)や、電話機内蔵のACR機能を使って、自動的に「00XY」をダイヤルするようにしていた) が、あらかじめ利用する電話会社を登録すれば、これまで必要だった「00XY」などの電話会社の識別番号をダイヤルする必要がなくなるというのが「マイライン」サービスだ。「従来の識別番号を付加してダイヤルするのはNTTとの競争上不公平」という批判がマイライン実施につながったといわれる。国際電話は国番号の前に各社共通の「010」をダイヤルする。

登録区分は4つ

 利用者は「市内」「県内市外」「県外」「国際」の4区分ごとに利用する電話会社を登録する。全て同じ会社でも、区分ごとに別々の会社を登録しても構わない。登録後も電話番号などは変わらない。登録可能な地域と通話区分は各社異なる。

「マイライン」か「マイラインプラス」どちらかで登録する

 契約内容は「マイライン」と「マイラインプラス」の2種類。「マイライン」は識別番号をダイヤルしたり「ACR」(自動的にお得な電話会社を選択する)などの電話機の機能を使えば別の電話会社も利用可能。「マイラインプラス」は特定のサービス解除番号(122)をダイヤルしない限り、登録した電話会社のみの利用となる。0077や0088などの識別番号をダイヤルしても、ACR機能付き電話を使用しても登録した電話会社が優先される。

 登録を行なっていない人は、NTTのマイラインを選んだことになっている。現在は登録内容の変更に800円の登録料が必要。国際は2003年4月まで従来と同じダイヤル操作で利用できる。

 ちなみに、KDDI市外電話の「001」と「0070」はマイラインに登録できない(KDDIで登録できるのは「0077」のみ)が、ダイヤルすれば引き続き利用できる。

マイラインに参加している通信会社
 
市内
県内市外
県間市外
国際
登録できる地域
NTT東日本
   
東日本
NTT西日本
   
西日本
NTTコム
全国
KDDI
全国
日本テレコム
全国
TTNet
関東
九州通信ネットワーク
 
九州
C&W IDC  
全国
MCIワールドコム・ジャパン(米)      
全国
グローバル・ワン(仏)      
全国
テレグローブ・ジャパン(加)      
関東
ドイツテレコム・ジャパン(独)      
全国
フュージョン・コミュニケーションズ  
全国

※上記の料金は割引サービスを利用しない基本の料金
※C&WIDCの国内電話は月額3000円の最低通話料制度