電話・携帯・インターネットを安く快適に≪Just Plan.net≫  

Try Internet Phone
 
携帯を安くしようトップ
ケーススタディ
割引サービス比較
標準通話料比較
一般電話からの通話料
ドコモデジタル
ドコモシティフォン
au
J-フォン
ツーカー
「携帯電話・PHS」掲示板
 
 

 




「年間契約割引」と「家族割引」サービスって得なの?
 携帯電話各社がが行っている基本料金割引サービスは、一体どのようなものなのだろう。サービス内容は各社似ているものの、割引率や割引条件などは各社で微妙に異なる。各社の「年間契約割引」と「家族割引」の特徴をまとめた。

 まずNTTドコモは「いちねん割引」と「ファミリー割引」を併用すると、基本料金が最大30%割り引かれる。基本料金に無料通話分が含まれているパック料金の場合は、まず無料通話分も含めた基本使用料の総額から割引額を算出する。しかも割引後でも無料通話分は減らない。ただし割引率は15%と低くなる。

 これに対して、J−フォンツーカーは50%と割引率は高いが、割引の対象となる基本使用料に含まれる無料通話分の扱いに違いがある。

  J-フォンの家族割引「J-ファミリー」は口座名義人である代表者(主回線)以外の家族回線(副回線)の基本使用料が3台まで50%引きになるが、パックプランに割引を適用すると、基本使用料に含まれている無料通話分もそのまま半分に減ってしまう。

 ツーカーの「ファミリーセレクト」の場合、無料通話分はそのまま残る。これは50%割引の対象となる基本使用料が、無料通話分を引いた実質基本使用料であるためだ。ただし、その分実際に割り引かれる金額自体は基となる金額が小さいだけに見かけほど大きくない。

 しかも、J-フォンとツーカーは家族割引に加入するのに1回線につき2000円の加入料がかかる。

 家族割引を基本使用料だけでなく、通話料にも適用しているのがauの「コミコミ家族割引」だ。基本使用料の割引率は10%とそれ程大きくはないが、家族間での通話も10%割引になるほか、家族の一人が無料通話分を使いきらなかった場合、ほかの家族の通話料に振り分けられるなど家族割引の内容が手厚くなっている。


 各社ともに年間契約割引や家族割引を採用しているが、サービスを比較してみると大きな違いがあった。ただし、これらのサービスを利用することで、料金を節約できる人も多いことは確かだ。家族で同じ電話会社の携帯を使っている人や1年以上同じ電話会社の携帯を利用する予定の人は、これらのサービスを利用しない手はないだろう。唯一、注意する点は、年間契約の場合、契約中の解約には解約金を支払う必要があるということだ。

■各社の基本料金割引サービス比較表
年割り 会社名

NTTドコモ

J-フォン ツーカー au
サービス名 「いちねん割引」
1年ごとの利用契約割引。
1年目10%から5年以上15%割引。
「J-Year」
1年ごとの利用契約割引。
1年目の10%。2年目以降15%割引。
「Years」
1年後との利用契約割引。
1年目10%。2年目以降15%割引。
「お約束割引」
1年後との利用契約割引。
1年目500円引きから3年目700円引き。
メリット ・無料通話分も含めた基本料金を割り引き。
・割引後でも無料通話分は割引前と同額。
・長期利用割引も適用される。 ・長期利用割引も適用される。
・更新月にはさらに15%割引。
・いくら割り引かれているかハッキリしている。
デメリット ・「J-ファミリー」の割引対象回線には適用されない。
・パック料金に含まれる無料通話分も減ってしまう。
・ファミリーセレクトの割引対象回線には適用されない。 ・3年目以降の割引額が同じ。
家族割引 サービス名 「ファミリー割引」
家族間で代表者の口座から一括引き落としを利用すると5台まで15%割引。

「J-ファミリー」
家族間で代表者の口座から一括引き落としを利用すると3台まで50%割引。

「ファミリーセレクト」
家族間で代表者の口座から一括引き落としを利用すると3台まで50%割引。

「コミコミ家族割引」
家族間で代表者の口座から一括引き落としを利用すると4台まで10%割引。

メリット ・口座名義人も割引が適用される。
・無料通話分も含めた基本料金を割り引き。
・割引後でも無料通話分は割引前と同額。
・割引率が50%と大きい。 ・割引率が50%と大きい。
・無料通話料は割引適用後も同額。
・口座名義人も割引が適用される。
・無料通話も含めた基本料金を割り引き。
・割引後も無料通話分は同額のまま。
・家族同士の通話料も10%割引。
・余った無料通話料を他の家族に振り分けられる。
デメリット

・代表者が割引対象にならない。
・1回線につき加入料2千円かかる。
・パック料金に含まれる無料通話分も減ってしまう。

・代表者が割引対象にならない。
・1回線につき加入料2千円かかる。
・パック料金の無料通話料を差し引いた金額しか割引対象にならない。