電話・携帯・インターネットを安く快適に≪Just Plan.net≫  

Try Internet Phone
 
携帯を安くしようトップ
ケーススタディ
割引サービス比較
標準通話料比較
一般電話からの通話料
ドコモデジタル
ドコモシティフォン
au
J-フォン
ツーカー
「携帯電話・PHS」掲示板
 
 

 




料金プランの選択肢は多い
 J-フォンの料金プランは、かなり選択肢が多い。そのために、よけいプラン選択に迷うところだ。料金プランを大きく別けると、「スタンダードプラン」などの無料通話のないタイプと、「プラチナパック」などの無料通話付きのパックプランがある。人気があるのはやはり無料通話付きのパックプランのようだ。

 パックプランには、1万円の無料通話が付いた「プラチナパック」、基本料金の安い「デイタイムパックライト」、昼間の通話料が安い「ビジネスパック」、全日一律通話料の「トークパック」があり、「ビジネスパック」と「トークパック」は、それぞれゴールド(9200円)、バリュー(6500円)、ライト(3900円)の3タイプが用意されている。まずは、料金プランの確認をしておこう。

※地域により多少の違いがあるが、ここではJ-フォン東日本の料金を見ていく。

■J-フォン東日本のプラン
料金プラン 毎月の使用料
こんな人向け
プラチナパック 13000円
(無料通話10000円分含む)
通話料
(20円/分・10秒以内10円)
昼も夜もたっぷり使う人向け
ビジネスパック
ゴールド
9200円
(無料通話7200円分含む)
通話料
(8〜20時20円/分・20〜翌8時40円/分)
昼間よくかける人向け
ビジネスパック
バリュー
6500円
(無料通話4680円分含む)
通話料
(8〜20時26円/分・20〜翌8時52円/分)
昼間よくかける人向け
ビジネスパック
ライト
3900円
(無料通話2250円分含む)
通話料
(8〜20時30円/分・20〜翌8時60円/分)
昼間よくかける人向け
トークパック
ゴールド
9200円
(無料通話6240円分含む)

通話料
(
26円/分)

電話をかける時間が決まってない人向け
トークパック
バリュー
6500円
(無料通話3600円分含む)
通話料
(30円/分)
電話をかける時間が決まってない人向け
トークパック
ライト
3900円
(無料通話2000円分含む)
通話料
(40円/分)
電話をかける時間が決まってない人向け
デイタイムパック
ライト
2900円
(無料通話1000円分含む)
通話料
(6〜18時40円/分・18〜21時60円/分・21時〜翌6時90円/分)
平日昼間に少し使う人向け
ウィークDAY
プラン
3800円 通話料
(平日8〜20時20円/分・その他60円/分)
平日昼間以外ほとんど使わない人向け
スタンダード
プラン
4300円 通話料
(平日8〜19時30円/分・その他30円/分)
標準的な料金
ローコール
プラン
3300円 通話料
(平日8〜19時42円/分・その他28円/分)
受けることが多い人向け
ホリデーコール
30
3400円 通話料
(平日8〜19時42円/分・19〜翌8時28円/分・土日祝20円/分)
主に休日に利用する人向け
ホリデーコール
60
3600円 通話料
(平日8〜19時42円/分・19〜翌8時28円/分・土日祝12円/分)
主に休日に利用する人向け
エル・プラン 2700円 通話料
(平日8〜17時110円/分・17〜19時50円/分・その他30円/分)
アフター5や休日に利用する人向け


使う時間帯が安いプランを選ぶことが大事
 通話料は、曜日・時間に関わらず一律の「トークパック」と「プラチナパック」以外は、全てお得な時間帯以外に通話すると、倍やそれ以上の通話料がかかる場合がほとんど。自分がどの時間帯によくかけるのか見つめなおす必要がある。

 曜日や時間帯に関わらず電話をかけるなら、上記プランのなかから選択するのが無難。月1時間程度までなら「トークパックライト」、月2〜5時間程度なら「トークパックバリュー」、月5〜6時間程度なら「トークパックゴールド」、それ以上なら「プラチナパック」だ。

 むずかしいのは、時間帯や曜日によって通話料の変わるタイプのプランだ。昼間によくかける場合は、通話料コミコミプランの中では「ビジネスパック」が候補になる。月2時間までなら「ビジネスパックライト」、3〜4時間程度なら「ビジネスパックバリュー」、月5時間程度以上なら「ビジネスパックゴールド」。ただし、「ビジネスパック」は夜間の通話料が倍になるので、たまに夜間もかけるという場合は、月8時間程度以上利用するなら全日一律料金の「プラチナパック」も検討しよう。

 夜間によくかける場合は、月2時間程度までなら「トークパックライト」、2時間〜7時間程度までなら「スタンダードプラン」、それ以上なら「プラチナパック」がいい。また、「土日祝日以外は電話しません!」というなら「ホリデーコール30」又は「ホリデーコール60」が安くなる。ちなみに、「デイタイムパックライト」はほぼ着信専用と考えていい。

 ただし、これらのプランの中で、無料通話付きプランに関しては、使い切らなかった無料通話分を翌月に繰り越して使えるという非常にありがたいサービスがある。今月あまり電話をかけなかったら、その分来月かけられるというものだ。したがって、プラン選びに際しては、できれば「プラチナパック」、「トークパック」、「ビジネスパック」などの無料通話付きプランを選択したいところだ。

 J-フォン東日本  【基本使用料+通話料】
通話時間
1
2
4
6
8
10
12
14
16
18時間
プラチナパック 13000
13000
13000
13000
13000
15000
17400
19800
22200
24600
ビジネスパック
ゴールド※1
9200
9200
9200
9200
9200
11600
9200
16400
11600
21200
14000
26000
16400
30800
18800
35600
21200
40400
23600
45200
ビジネスパック
バリュー
※1
6500
6500
6500
8060
8060
14300
11180
20540
14300
26780
17420
33020
20540
39260
23660
45500
26780
51740
29900
57980
ビジネスパック
ライト
※1
3900
5250
5250
8850
8850
16050
12450
23250
16050
30450
19650
37650
23250
44850
26850
52050
30450
59250
34050
66450
トークパック
ゴールド
9200
9200
9200
12320
15440
18560
21680
24800
27920
31040
トークパック
バリュー
6500
6500
10100
13700
17300
20900
24500
28100
31700
35300
トークパック
ライト
4300
6700
11500
16300
21100
25900
30700
35500
40300
45100
デイタイムパック
ライト
※2
4300
7300
6700
12700
11500
23500
16300
34300
21100
45100
25900
55900
30700
66700
35500
77500
40300
88300
45100
99100
ウィークDAY
プラン
※3
5000
7400
6200
11000
8600
18200
11000
25400
13400
32600
15800
39800
18200
47000
20600
54200
23000
61400
25400
68600
スタンダード
プラン
※4
6100
5500
7900
6700
11500
9100
15100
11500
18700
13900
22300
16300
25900
18700
29500
21100
33100
23500
36700
25900
ローコール
プラン
※4
5820
4980
8340
6660
13380
10020
18420
13380
23460
16740
28500
20100
33540
23460
38580
26820
43620
30180
48660
33540
ホリデーコール
30※5
5920
4600
8440
5800
13480
8200
18520
10600
23560
13000
28600
15400
33640
17800
38680
20200
43720
22600
48760
25000
ホリデーコール
60
※5
6120
4320
8640
5040
13680
6480
18720
7920
23760
9360
28800
10800
33840
12240
38880
13680
43920
15120
48960
16560
エル・プラン※6 9300
4500
15900
6300
29100
9900
42300
13500
55500
17100
68700
20700
81900
24300
95100
27900
108300
31500
121500
35100
※金額はそれぞれの通話料に基本料金を足した金額。赤文字はその時間帯での最安値。
※1 上段:8時〜20時。下段:20時〜翌8時の通話料で計算。
※2 上段:6時〜18時。下段:21時〜翌6時の通話料で計算。
※3 上段:平日8時〜20時。下段:その他の時間帯の通話料で計算。
※4 上段:平日8時〜19時。下段:その他の時間帯の通話料で計算。
※5 上段:平日8時〜19時。下段:土日祝日全日の通話料で計算。
※6 上段:平日8時〜17時。下段:平日19〜翌8時、土日祝日全日の通話料で計算。
【比較表の見方】一番上の数字は通話時間。それぞれのプランで平日昼間に一般電話にかけた場合、基本料金を含んでいくらになるかという表だ。2段の料金になっている場合は、時間帯により通話料が変わるプランなので、それぞれ違う時間帯の通話料金で計算している。
たとえば、通話時間が6時間なら、その月の使用料はプランAで12610円(基本料4500含む)、プランBで同時間通話した場合14734円、同じくおはなしプラスBIGなら11941円となり、これが最も自分に合ったプランだとわかる。

 また、通話時間がわからなければ、自分の利用しているプランで毎月払っている料金(基本料+通話料)を見つけよう。その縦のラインの数字は、他のプランで同じ時間だけ通話した場合の料金となる。縦のラインで自分のプランより安いプランがあったら、さっそく乗り換えだ。


条件に合えば絶対お得
 料金プランを決めたら、次は割引サービスを検討しよう。基本料金を安くする「J-Year」や「Jファミリー」。通話料と通信料を安くする「J-Mates」などだ。下記プランは当てはまる場合はできれば利用したい。

割引
プラン名
内容
無料通話の
自動繰り越し

全ての無料通話付きパックプランで、無料通話分を使いきらなかった場合に、その余った無料通話分を翌月に繰り越して使える。

Point 特に申し込みなどが必要な割引サービスではないが、ユーザーにとっては非常にありがたいサービスだ。いままで無駄になっていた分の通話料分が使えるようになるので、料金節約に直結する。

 

J-Year 定額料無料。契約期間を1年単位で約束すると基本料金が安くなる。継続利用期間が1年まで10%、1年以上15%毎月の基本料金を割引。 長期利用割引も適用され、実際は1年以上20%、2年以上22%、3年以上25%、5年以上30%基本料金が割引される。
Point この先当面J-フォンを利用していこうと考えているなら申し込もう。ただし、年間契約期間内での途中解約には解約金5000円が請求されるので注意。
Jファミリー 定額料無料。加入料2,000円。家族でJフォンを2台以上契約している場合、主回線1台を除く副回線の基本料金50%割引。
Point 家族で2回線以上同じJフォンを利用しているなら申し込みましょう。
J-Mates 定額料は1件指定で月300円、2件で500円、3件600円、4件700円、5件800円。指定した相手への通話料とメール送信料、ロングメール読出料が50%割引される。指定対象はJフォングループ携帯電話。
Point 指定できる電話番号への料金が月600円(指定先1件の場合)以上なら申し込みましょう。おそらく、かなりの人は申し込む価値があるでしょう。


Link:ドコモグループ

>>J-フォン東日本
>>J-フォン 東海
>>J-フォン西日本