電話・携帯・インターネットを安く快適に≪Just Plan.net≫  

Try Internet Phone
 
携帯を安くしようトップ
ケーススタディ
割引サービス比較
標準通話料比較
一般電話からの通話料
ドコモデジタル
ドコモシティフォン
au
J-フォン
ツーカー
「携帯電話・PHS」掲示板
 
 

 




比較的シンプルな料金プラン
 以前は「ドコモは高い!」とよく言われたものだが、現在では他社と遜色ない価格になっている。また、夜間・休日のみ通話料が安くなるなどの複雑な料金プランを実施していないため比較的シンプルだ。詳細は下記のとおりだが、長得プラン(通話時間が長いとお得なプラン)など独自のプランも用意している。

 プランを選ぶ際の注意点は、基本料金が安いプランほど通話料が高くなっている点だ(当然だが・・・)。プランAを基本として最大1.5倍の通話料となる。 まずは、料金プランの確認をしておこう。

 なお、ドコモは使用した通話料やパケット通信料等の合計が1万円を超えると、その旨をメールで知らせてくれる「一定額到達通知サービス」行っている。無料で利用できるので是非利用することをおすすめする。(NEWS Digest「使いすぎを警告してくれるメールサービス」

※地域により多少の違いがあるが、ここではドコモ中央の料金を見ていく。

■ドコモ中央800Mhzのプラン
料金プラン 毎月の使用料
こんな人向け
プランA 4500円
(無料通話600円分含む)
通話料 電話をかけることが多い人向け
プランB 3500円
(無料通話500円分含む)
通話料
(プランAの1.4倍
電話を受けることの多い人向け
長得プラン 4500円
(無料通話600円分含む)
通話料
(分単位課金)
3分以上の長電話を良くする人向け
おはなしプラスBIG 9100円
(無料通話6600円分含む)
通話料
(プランAの1.1倍
電話をかけることが多い人向けコミコミプラン
おはなしプラスL 5900円
(無料通話3400円分含む)
通話料
(プランAの1.2倍
電話を受けることの多い人向けコミコミプラン
おはなしプラスM 4100円
(無料通話1300円分含む)
通話料
(プランAの1.3倍)
基本料金は安い方がイイ人向けコミコミプラン


「プランA」で損している人多いのでは?
 ドコモのプランの中で最も加入者の多いのが「プランA」だ。これは、とりあえず標準的なプランに入っておき、その後もプランの変更をしない場合が多いからだ。しかし、実はこのプランAは、下記の表でもわかる通り月に1万8千円程度以上払っている人以外は損しているのだ。毎月の料金を2万も3万も払っているユーザーが最も多い割合でいるとは考えにくい。多くのユーザーがプラン選択を誤っていることがここでもわかる。

 また、下記の表を見るとプランBが最安値になる通話時間がない。つまり、1時間以上通話するならプランBはお得ではないということだ。基本料金は一番安い(3500円)ので、ほとんど電話をかけないという着信専門派の人にはお得だが、月に1時間以上電話をかける人には向かない。

 最も多いと思われる毎月5千円〜1万8千円程度を払っているユーザーは、「おはなしプラス」の中からプラン選びをするのがベストのようだ。下記「プラン比較表」を参考に、自分に合った料金プランを選択しよう!

 ちなみに、比較表には載せられなかったが長電話を良くする人は長得プランも検討してみよう。

 ドコモ800Mhz  【基本使用料+通話料】
通話時間
1
2
4
6
8
10
12
14
16
18時間
プランA 5285
6669
9438
12208
14977
177460
20515
23285
26054
28823
プランB 4938
6877
10754
14631
18508
22385
26262
30138
34015
37892
おはなしプラス
BIG
9100
9100
9100
11638
14685
17731
20777
23823
26869
29915
おはなしプラス
L
5900
5900
9146
12469
15792
19115
22438
25762
29085
32408
おはなしプラス
M
4600
6400
10000
13600
17200
20800
24400
28000
31600
35200
※金額はそれぞれの通話料に基本料金を足した金額(支払額)。赤文字はその時間帯での最安値。
【比較表の見方】一番上の数字は通話時間。それぞれのプランで平日昼間に一般電話にかけた場合、基本料金を含んでいくらになるかという表だ。たとえば、通話時間が6時間なら、その月の使用料はプランAで12208円(基本料4500含む)、プランBで同時間通話した場合14631円、同じくおはなしプラスBIGなら11638円となり、これが最も自分に合ったプランだとわかる。

 また、通話時間がわからなければ、自分の利用しているプランで毎月払っている料金(基本料+通話料)を見つけよう。その縦のラインの数字は、他のプランで同じ時間だけ通話した場合の料金となる。縦のラインで自分のプランより安いプランがあったら、さっそく乗り換えだ。

 

料金プランの乗り換えが必要な人は?
 以下に料金プランの乗り換えが必要な人の目安を示した。自分の料金プランの条件に合わなければ、乗り換えを検討した方が毎月の支払額が安くなるはずだ。

この条件に当てはまらなければ料金プランの乗り換えが必要!
プランA 毎月1万8,000円以上支払う人
プランB 毎月4,100円までの支払いの人
おはなしプラスBIG 毎月9,100円から1万5,000円までの支払いの人
おはなしプラスL 毎月5,900円から9,100円までの支払いの人
おはなしプラスM 毎月4,100円から5,900円までの支払いの人



条件に合えば絶対お得
 料金プランを決めたら、次は割引サービスを検討しよう。基本料金を安くする「いちねん割引」や「ファミリー割引」。通話料を安くする「ゆうゆうコール」などだ。下記プランは当てはまる場合はできれば利用したい。

割引
プラン名
内容
いちねん
割引
定額料無料。契約期間を1年単位で約束すると基本料金が安くなる。継続利用期間が1年まで10%、2年まで11%、3年まで12%、4年まで13%、5年まで14%、5年以上15%毎月の基本料金を割引。
Point この先当面ドコモを利用していこうと考えているなら申し込もう。ただし、年間契約期間内での途中解約には解約金が請求されるので注意。利用期間が1年未満3000円、1〜5年1000円、5年以上無料という解約金。
ファミリー
割引
定額料無料。個人か家族でドコモを2台以上契約している場合、基本料金15%&家族間の通話料15%割引。
Point 個人で2回線以上、または家族が同じドコモを利用しているなら是非申し込みましょう。
ゆうゆう
コール
毎月180円の定額料で最大5ヵ所まで指定した電話番号への通話が30%(指定先がドコモ)、10%(指定先がドコモ以外)割引される。
Point 指定できる5つまでの電話番号への通話の合計が1月600円(指定先がすべてドコモの場合。ドコモ以外の場合は1800円)以上なら申し込みましょう。おそらく、かなりの人は申し込む価値があるでしょう。


Link:ドコモグループ

>>NTTドコモ
>>NTTドコモ北海道
>>NTTドコモ東北
>>NTTドコモ北陸
>>NTTドコモ東海
>>NTTドコモ関西
>>NTTドコモ中国
>>NTTドコモ四国
>>NTTドコモ九州