電話・携帯・インターネットを安く快適に≪Just Plan.net≫  

「プロバイダを選ぼう」TOP おさえておきたいポイント メール中心に使います それなりにホームページも見ます バリバリ長時間ネットサーフィンしたい その他の料金プランもチェック 家族みんなで使いたい 自分のホームページを持ちたい 無料プロバイダ

<おさえておきたいポイント>

■はじめに
 自分に合ったプロバイダを選ぶのは、実に難しいことだ。小さな地域プロバイダから大手プロバイダまで大小さまざまだ。

 はじめてプロバイダを選ぶときは良くわからずに選ぶことも多いだろう。
結局、自分のプロバイダ選びが失敗だとわかるのは、入会後ある程度使いこなせるようになってからだ。

 プロバイダを乗り換えたくても、メールアドレスが変わってしまうのがイヤで我慢している人も多いはず。

 しかし、自分に合ったプロバイダを選ぶことで、より早く、安く、快適にインターネットを楽しむことができるようになる。プロバイダとは今後も仲良く付き合っていかなくてはならないもの。長い目で見れば、自分に合ったプロバイダに乗り換えた方が絶対得だ。気に入らなければ、どんどん乗り換えて、あなたに本当に最適なプロバイダを見つけよう。

 ここでは、初めての契約にしても、乗り換えにしても、自分に最適のプロバイダを探すために目的別に主要プロバイダの情報を紹介していく。

※ただし、各プロバイダのサービスは変更や新サービスが続々登場するので、詳細は各プロバイダのホームページなどでチェックしてください。

その1〜市内アクセスポイントは必須だ
 プロバイダを選ぶ上でまず重要なのが、自分の住んでいる地域にアクセスポイントがあるかということだ。当然、インターネットをするにはプロバイダの料金の他に電話料金がかかる。その電話料金は市内料金に比べて市外料金はかなり割高になる。地方在住者は必ず、自分の入ろうとしているプロバイダに市内のアクセスポイントがあるか確認しておこう。
 ここでは、各プロバイダのアクセスポイント情報を全て網羅することはできないので、それぞれのホームページで確認してほしい。

 どうしても近くにアクセスポイントが無い場合は全国一律料金のあるプロバイダを選ぼう。たとえば、DION、AOL、OCN、IIJ4U、DTI、InterQ、ASAHIネットなど。


その2〜自分に合った料金プランを選ぼう
 プロバイダによって料金体系は様々だ。自分の使い方を理解した上で、最も合っていると思うものを選ぼう。プラン選択を間違えたと思ったら、迷わずプラン変更やプロバイダの乗換えを検討しよう。ここでは各プロバイダのプランの比較表も公開しているので参考にしてほしい。

その3〜快適さは大事
 夜の11時以降は電話料金が定額になるテレホーダイの時間帯となり、インターネットにつながりにくくなる。プロバイダによっては何度接続してもつながらない、つながってもホームページを表示するのに何分もかかる、なんてことも良くある。原因の一つはプロバイダのアクセスポイントの混雑だ。したがって、この時間帯の接続スピードはプロバイダによってかなり開きがあるのだ。
 では、どこでそのスピードを判断するのか?これはプロバイダ選びにおいて最もむずかしいポイントだろう。他のサービスと違って、目に見えないから他社と比較しにくいのだ。

 各プロバイダはホームページで混雑状況を公開している所も多いのでそれを参考にしよう。また、実際に使っている人の意見を掲載しているホームページもあるのでそちらも参考にしよう。
 また、同じプロバイダでもアクセスポイントによって混雑状況はかなり違うので、もし遅いと感じたら他のアクセスポイントを試してみよう。これで快適になる場合も多い!?

POWER GATE・・・ユーザーによるプロバイダの評価掲示板など。

その4〜自分なりに優先順位を決めよう
 結局のところ全てでBESTなプロバイダは存在しない。ユーザー自身が自分の判断基準を持って選ぶしかないのだ。料金が安ければイイというわけでもないし、大手だからイイというわけでもない。自分がプロバイダに何を求めるかをよく考えて判断しよう。
 もし、その選択が間違えだと思ったら、めんどくさくても乗り換えることをおすすめする。プロバイダとは長い付き合いになるのだから・・・。