電話・携帯・インターネットを安く快適に≪Just Plan.net≫  

 
プロバイダを選ぼうトップ
フレッツ・ADSL編
フレッツ・ISDN編
ダイヤルアップ編
 

 


フレッツ・ISDNのプロバイダ選び

 ISDN回線で常時接続が可能なNTTの「フレッツ・ISDN」。ADSLなどのブロードバンドと比べると、接続スピードや料金の面でのメリットは少ないが、対応エリアの広さやほぼ100%のプロバイダが対応していること、すでにISDN回線を利用していれば初期費用も安く手軽に導入できることなど、未だに利用価値がなくなったとは言えない。

フレッツ・ISDNの料金

毎月の費用
フレッツ・ISDN月額料
2,800円
プロバイダ料金
下記

 「フレッツ・ISDN」を利用する場合は、別途プロバイダ契約が必要になる。プロバイダでは、「無制限コース」でそのまま利用できる場合もあれば、「フレッツ・ISDNオプション」などに申込む場合もある。

フレッツ・ISDNの主なプロバイダの料金
ぷらら
700円
ASAHIネット
450円
リムネット
1,200円
DTI
1,380円
CYBER STATION
1,900円
OCN
1,950円
DION
1,950円
ODN

1,950円

JustNet
1,950円
interQ MEMBERS
1,980円
DreamNet
1,980円
So-net
2,000円
BIGLOBE
2,000円
@nifty
2,000円
IIJ4U
2,200円

 「フレッツ・ISDN」を使うためのプロバイダ料金は、右のようにプロバイダによって意外と差がある。大手プロバイダの場合、2,000円前後のプロバイダ料金が必要。つまり、「2,800円(フレッツ・ISDN定額料)+2,000円(プロバイダ料)」の合計4,800円程度が毎月の費用ということになる。一方、格安のプロバイダなら700円程度のプロバイダ料で済んでしまうため、合計3,500円程度が毎月の費用ということになる。料金だけを見れば、毎月1,000円以上違ってくるのだ。

プロバイダの乗り換え

 フレッツ・ISDNに対応しているプロバイダの数は多い。これからフレッツ・ISDNに申込む人も、現在利用しているプロバイダを乗り換えずにそのまま使える可能性も高いはずだ。だが、利用中のプロバイダに満足しているならいいが、もし不満があれば積極的にプロバイダの乗り換えを検討しよう。料金ひとつでこれだけ違うのだ。品質、コンテンツ、サポートなどの満足度もプロバイダによって全然違ってくる。プロバイダとはこれからも長い付き合いになるはずなので、妥協せず自分にとってより良いプロバイダを見つけよう。また、既にフレッツ・ISDNを利用している人も、この機会により良いプロバイダを探してみるのもいいかもしれない。

おすすめプロバイダ
DTI フレッツ・ISDN月額料1,380円
各雑誌でのユーザー満足度調査で常に上位に位置し、サポートの良さやビジーの少なさを誇る。混雑の可能性のある場合は入会規制を行うなど、その品質へのこだわりには好感が持てる。
ソネット フレッツ・ISDN月額料2,000円
楽しめるコンテンツなどが人気のプロバイダ。豊富な料金プランで新サービスへの対応も早く、安心して利用できる。会員数も多さも人気の裏付け。総合力で選ぶならここだろう。
Click Here! CYBER STATION フレッツ・ISDN月額料1900円
JRのプロバイダだけに旅などに関するサービスが充実。通常のインターネットサービスはもちろんのこと、会員はブラウザで 新幹線の運転状況確認、JR新幹線・特急列車の指定席予約ができるなど、JRを利用する人にとっては何かと便利。特に出張や旅行の多い人には〇。
コンビニで申込める【ADSL】 interQ MEMBERS フレッツ・ISDN月額料1,980円
支払方法が豊富でクレジットカードがなくても入会できる。.コンビニ、郵便局振込、NTT同時支払い、口座振替、クレジットカードから選べる。 電話サポートは24時間・年中無休。 困った時は、深夜でもオペレーターが対応してくれる。